赤い部屋

ある地方の女子大生が東京の大学に進学が決まり、東京に一人暮らしすることになりました。

とあるマンションで生活をしているうちに、ある日部屋に小さな穴があいているのに気付きました。

その穴は隣の部屋に通じていて、何だろうと覗き込みました。


すると、穴の向こうは真っ赤でした。
真っ赤な背景の中を、黒い影がちらちらと動いています。

隣の部屋は赤い壁紙なのかな、と思いつつ次の日も次の日もその女子大生は穴を覗いてしまいました。

いつ見ても赤かったので、隣の部屋が気になる女子大生はマンションの大家に聞いてみることにしました。


「私の隣の部屋にはどのような人が住んでいるんですか?」



大家は答えます。



「あなたの隣の部屋には病気で目が赤い人が住んでいますよ」















解説

語り手が見ていた赤い部屋とは部屋ではなく隣人の目。
そしていつ見ても赤かったと言う事は隣人は常にこちらを覗いていたことになる。


おわかり頂けたでしょうか?
そう。ずっと…見られていたのです。
あなたの部屋にも穴、開いていませんか?
その穴…覗いてみては?



[←|]
[ヘンシュウ]

[←Back]