BLACK umbrella

☆[第0章](1/6)


とある日の深夜―――



1人の女性が、路地を歩いていた。


残業が続いて、今日も帰るのは深夜。

はぁ…朝は早いし、いつ寝るのよ!

こんな大人な女性を1人
夜道に歩かせるなんて…
課長もどうかしてるわ…



木内 美優 25歳
一流企業の社員だ。


美優は、早く家に帰りたい一心で足取りを早めた。



トンッ



「うわっ!?」

ドサッ――


すると突然、何かに躓いてしまった。


美優の体は少しふらついたが、
転びはしなかった。
しかし何かが足に当たっていた。


深夜の闇で、足元が見えなかったのだろう。

まったく気づいていなかった。


「なんだろ?」
美優は躓いたそばにしゃがんだ。



そこにあったのは――





黒い傘だった。





(閲覧:1638)
- 1 -
前[*]|[#]次

/129 n

⇒しおり

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]